平成30年1月19日

「H29年九州北部豪雨の見舞金に」100万円寄託
 社有地に建立した「龍神半跏不動明王像」に社員及び協力会会員会社等が供えた善意を全額寄託した。
宮城県村井嘉浩知事を訪れ目録を手渡し、大分県東京事務所を通じて大分県庁に届けられた。
遠藤治興副社長は「石巻の復興には九州から人員、物資両面で応援していただいた。
この度被災された大分県民の皆様の生活が一日でも早く戻るようお祈りする」と述べ
村井知事は「目録だけではなく、皆さんの思いもお伝えできるよう責任をもって届けさせていただく」と述べた。
     

平成29年7月22日
    石巻総合運動公園にて「東京オリンピック聖火リレー出発地誘致活動セレモニー」において、宮城県鳶土工業連合会 若鳶会による「梯子乗り」披露予定

    ※「梯子乗り」は、天候不良の場合、中止する可能性があります。